大阪マンスリー・ウィークリーマンションコラム

マンスリーマンション・ウィークリーマンション大阪TOP > コラム > 企業が社員の出張にマンスリーマンションを活用するわけ

企業が社員の出張にマンスリーマンションを活用するわけ

多くの企業は、社員の出張時にどのような宿泊先を用意するかに悩んでいます。
ホテルを用意するのが一般的ですが、期間が長くなると経費がかさんでいきます。
また、社宅を借り上げるのも1つの方法ですが、こちらも出張の頻度によっては、維持費などがかかるので経費の負担は大きいでしょう。
そこで最近注目を集めているのがマンスリーマンションです。すでに多くの企業が活用しはじめています。
マンスリーマンションの場合は、ホテルや社宅とは違ったメリットがたくさんあります。
企業がマンスリーマンションを活用する理由を以下でご紹介しますので、参考にしてください。

活用するメリット

企業側が社員の出張宿泊場所を、ホテルではなくマンスリーマンションにするのには理由があります。
どちらも経費はもちろんかかりますし、マンスリーマンションの場合契約を結ぶ必要がありますので、ホテルを予約するより少し手間がかかるものです。
しかし、その手間がかかったとしても企業がホテルではなくマンスリーマンションを活用するのにはメリットがあるからです。
そのメリットをこれから4つご紹介いたします。

メリット①賃料としての無駄がない

本来、出張には交通費や出張手当、滞在時の宿泊代など必要な経費が思いのほか多くかかります。
交通費や出張手当を削減することは難しいので、経費を削減できるとしたら宿泊費ではないでしょうか。
企業によっては、交通手段や宿泊ホテルの手配まで社員に任せている企業もあります。
しかし、一定の予算基準などを設けていたとしても、ホテルの宿泊日数が増えれば増えるほど経費が高くついてしまうという難点があります。
社宅を借りて出張に備えておく企業もありますが、マンションを年契約して賃料を毎月支払い、維持管理費などの費用もかかると思うと、余計にお金がかかってしまっている可能性の方が高いでしょう。
そうした場合、マンスリーマンションを利用する方がお得になります。
マンスリーマンションは必要な時期に1ヶ月単位、もしくは物件によってはもう少し短い契約も可能となるので、企業としては必要な時にだけお金を支払えば良く、無駄なお金が発生しません。
長期出張であったとしても、都度契約を延長することが可能なので、家賃負担を軽減させられるのは、企業として大きなメリットです。

メリット②家具・家電などの生活環境が整っているので社員の出入りがスムーズ

社宅を借りる場合は、どうしても室内の家財道具を企業側もしくは社員側で揃えなくてはなりません。
しかし、出張期間は実際に居住するわけではありません。
一から家具などを揃えるとなると費用の負担がかなり大きくなります。
社員が用意した場合でも、出張が終わってしまえば不要になるものばかりでしょう。
買いそろえたりするのも無駄な労力にもなりますし、さらに引越し当日には引っ越し業者に立ち会う必要があるため、前もって休暇を使ってマンションに来なくてはいけません。
その点、マンスリーマンションであれば、最初から必要最低限度の家財道具や家電、ベッド、寝具なども用意されているため、社員や企業側が前もって用意する必要はありません。
自宅同様に自分で洗濯や炊事をすることも可能ですし、収納も一般的なマンションの一室のようにたくさんあるので、荷物で居場所がなくなってしまうということはありません。
また、社宅ですと電化製品の故障や古くなって不便になる事もありますが、マンスリーマンションでは管理会社側が修理交換を対応するため、企業側も社員側も余計な負担なく出張期間を過ごせます。

メリット③ホテルなどと違い、自宅にいるような感覚で社員のストレスが軽減される

出張は馴染みのない不慣れな地域に数日間滞在することがあるため、社員としては非常にストレスを抱えます。
土地勘がない上に、職場では普段と違う人と働くことによって、思いがけないストレスに見舞われることはよくある話です。
そのため、出張中の社員の宿泊先というのは非常に重要なポイントになります。
例えば、ホテルに滞在するのも最初の1日や2日であれば問題はありません。
ただ、それ以上の日数を過ごすようになると、段々閉鎖された空間がストレスになります。
ストレスというのはほとんどが無意識のうちに蓄積されてしまうものです。
さらに、ストレスは仕事の効率も著しく低下させてしまいます。
社員の業務効率が下がるのは、企業側としても避けたいところではないでしょうか。
そこでマンスリーマンションを利用することにより、社員がなるべくリラックスできる環境を用意することができます。
マンスリーマンションはホテルと違い、暮らしを重視したつくりなので、社員は自宅にいるときと近い状態で居られますし、気持ちを安らげることが可能になります。
ベッドも大きなサイズを用意しているマンションがほとんどなので、ホテルのシングルルームを利用するよりも体の疲れが癒されます。
また朝を迎えて、仕事に行こう!という気持ちになるため、ホテル暮らしよりもずっとマンスリーマンションの方が社員のストレスを軽減させることが可能です。
社員にストレス負担がかかると、出張に行くと決まった時点で「いやだな」と思う社員もいるので、そういったことにならないためにも、マンスリーマンションは活用する価値が高いものだといえます。

メリット④引越し費用等の負担がほとんどかからない

借り入れ社宅の場合、月額の賃料負担も大きく感じますが、家賃以外に引越し費用も負担がかかります。
出張であっても、社宅にしばらく住む場合は家電などが必要になります。
自分で持参するのも難しいですので、引越し業者に依頼して社宅に住む準備をする場合もありますが、その際の費用は時期によってかなり価格変動がでることはあまり知られていません。
出張や単身赴任で社宅に住む場合、引越しシーズンと呼ばれる時期と重なることがあれば、利用する人が多い分料金が高くなるのです。
つまり、長期間であっても出張のたびに引越し費用が必要になってきてしまいます。
そうなると、賃料の他にも経費負担が増額されるので、企業としてはあまりメリットがありません。
ですが、マンスリーマンションの場合は最初から家財道具も家電も揃っているので、何か自分で用意する必要がありません。
そのため、気軽に入居することが可能であり、企業としても引越し費用の負担がなくなるので大きなメリットだといえます。

このように、多方面で企業側にも社員側にもメリットがあるので、出張の際にはマンスリーマンションをその都度契約して対応するという企業が増えてきています。
経費の面でも社員の環境面でも、マンスリーマンションは安心感があるので、活用する価値が認められてきています。

出張先や派遣先それぞれで社宅としての活用ができる

また、マンスリーマンションの物件数自体も最近増えてきており、さまざまな場所にあるため、社宅を借りるよりも選択肢が広がりますし、経費の負担も少なく済みます。
特に、出張先にマンスリーマンションを借りるのはもちろんのこと、派遣会社などであれば長期的に社員を全国的に派遣するため、その都度社宅を用意することは不可能に近く、マンスリーマンションは非常に便利です。

一般的に地方都市であっても大きな地域であればマンスリーマンションはいくつもあるので、物件探しにそれほど困ることはありません。
社員としても、出張に行く先々でホテルの予約が必要なく済む手軽さがあります。
出張先でも派遣先でもマンスリーマンションを利用することによって、企業側は経費負担を軽減させられ、社員側は荷物搬入などの手間と時間をとらずに済みます。
企業だからこそ、効率的にマンスリーマンションを利用する方が賢明です。
本社の近くには社宅がある、という企業も多いため地方に出張に行った際の社宅代わりに使う場合でも、マンスリーマンションはかなり役に立つでしょう。

複数の部屋での活用で費用の交渉も可能

マンスリーマンションによっては、複数室確保できるので、複数名の社員が同時に出張に来た時には複数室利用可能なマンスリーマンションを選ぶことが大事です。
マンスリーマンションなら、どこでも費用負担が少なくて安く済むのでは?と思うかもしれませんが、別々にマンスリーマンションを契約すればそれぞれに多少なりとも初期費用が必要となりますし、契約内容も支払先も別々になります。
そうなると、経費負担は軽減できても結果的に業務の負担が増えるので手間賃がかかってしまいます。

複数室契約できるマンスリーマンションを利用すると、マンスリーマンションによっては複数契約で〇〇円割引や、〇%オフというようなキャンペーンをやっていることがあります。
もしもそのようなキャンペーンがなかったとしても、複数室空きがあるようなマンスリーマンションは早期に部屋を埋めたいという気持ちがあるので、企業として値下げ交渉をすることでお得に契約できる可能性もあります。
ただし、マンスリーマンションによって管理者の対応は様々なので、絶対に費用交渉ができるというわけではありません。
キャンペーンを開催している場合は、公式ホームページなどに詳細が記載されているので、気になるマンスリーマンションがある時や契約を検討している際は、定期的に確認しておきましょう。
マンスリーマンション側も法人契約の方が安心感もあるので、キャンペーンの記載がなければ問い合わせフォームから問い合わせてみても良いでしょう。

ウィークリー・マンスリーマンションを社宅として探す場合の注意点

メリットの多いウィークリー・マンスリーマンションですが、実際に企業で社宅として探す際に注意するべき点についてご紹介します。

契約の段階で大事なことは早めの対応です。
多くの企業の場合が、新入社員の研修で利用するために、ウィークリー・マンスリーマンションを契約したいという希望をもっています。
しかし、その時期は出張や業務の他にも学生の入学式や旅行のシーズンでもあるので、1年を通して比較的ウィークリー・マンスリーマンションが繁忙期を迎える時期です。
時期を迎えてから契約しても、空き物件が埋まってしまっているということはよくある話です。
社宅として利用する場合であればそれなりの部屋数を確保しなくてならないので、前もっておおよそ11月から12月頃にはウィークリー・マンスリーマンションを探し始めると、希望する部屋数を予約できるでしょう。
観光地の場合は、シーズンによっては空きがなくなるので、それらも考慮しながらウィークリー・マンスリーマンションを探すことをおすすめします。
経費を抑えるためにウィークリー・マンスリーマンションを検討していても、空室がなくて結局ホテルになってしまっては元も子もないので、早い対応が必要になります。

また、社宅としてウィークリー・マンスリーマンションを探す場合は、立地もかなり慎重に検討しなくてはいけません。
駅徒歩圏内で絞ることによって、社員の負担も少なくなりますし、企業側としても交通費の負担を軽減させられるので、お互いにとってメリットと言えます。
駅から近ければ近いほど良いですが、一般的に歩ける距離としては駅から徒歩5分から15分程度とされているので、その範囲で探してみましょう。
仕事を自宅に持ち帰るようなことが多い業種の場合は、ネット環境が整っているかも重要なポイントなので、よく内容を確認してから契約するようにしましょう。
実際に利用する社員の居心地や住みやすさを考えてみると、ウィークリー・マンスリーマンションは物件を探しやすいので、おすすめです。

まとめ

企業が社員の出張や研修でマンスリーマンションを活用する理由をご紹介しました。
企業側にとっては、経費や業務負担の軽減が実現でき、社員側にとっては、ストレスなく出張先で仕事ができるという気持ちの面でのメリットがあります。
従来出張の際の滞在先をホテルに指定していた企業は、社員がストレスを抱えず、かつ費用を抑えられるウィークリー・マンスリーマンションを一度お試しとして利用する価値があります。
出張先の宿泊だけではなく、長期で利用する社宅としても活用できるので、今後の利用範囲はどんどん広がっていくだろうと注目を集めています。
また、企業も社員も負担なく出張業務ができるので、ウィークリー・マンスリーマンションは多くの企業から支持されています。

© ASVER All Rights Reserved.