大阪マンスリー・ウィークリーマンションコラム

マンスリーマンション・ウィークリーマンション大阪TOP > コラム > マンスリーマンション入居時に準備しておきたいこと

マンスリーマンション入居時に準備しておきたいこと

消耗日用品

マンスリーマンションは生活に必要最低限の家具家電製品が予め備え付けられています。
入居の際はほとんど手荷物を持たずに引っ越しできますが、必要な消耗日用品も一部あります。
各項目ごとに必要な備品をご紹介します。
まず、トイレ用品です。
トイレは入居日から利用するので準備が欠かせません。
トイレットペーパー、便座カバー、トイレマット、スリッパ、掃除用具が必要になります。
掃除用具はブラシ、洗剤、ふき取りシートなどを準備しましょう。
ラバーカップはホームセンターで販売されています。
万が一、詰まりが起きそうになったら買い足すと良いでしょう。
次にお風呂に必要な用品です。
お風呂も入居日から毎日利用することになるので、早目の準備が必要です。
シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔石鹸、掃除道具、洗面器、バスマット、タオル、バスタオルをそろえましょう。
シャンプー、リンス、ボディソープ、洗顔石鹸はドラッグストアで購入できます。
掃除道具は洗剤とブラシがあれば十分です。
タオル、バスタオルは洗濯の頻度に合わせて枚数を用意しましょう。
続いて洗濯に必要なものです。
洗剤、柔軟剤、シミ落とし、洗濯ネット、ハンガー、洗濯ひもを使います。
洗濯用品は全て滞在先で購入できます。
シミ落としは服が汚れたときやシャツの汗ジミ予防に使います。
日常的にシャツを着用する方は持っておいて損はないでしょう。
洗濯ネットは型崩れ予防に使います。
小物や型崩れを防ぎたい洗濯物をネットに入れて洗います。
ハンガーはマンスリーマンションに備え付けられていることがほとんどですが、おそらく足りません。
100円均一で購入したり、クリーニング店でもらうハンガーを活用すると便利です。
洗濯ひもについては、物件の備品を確認したうえで購入しましょう。
予めベランダに物干しざおがセットされていることがあります。
衛生用品と身だしなみ用品で必要なものも確認しましょう。
歯ブラシ、歯磨き粉、ハンドソープ、かみそり(髭剃り)、スタイリング剤、化粧品、爪切り、耳かき、コンタクトレンズがあると安心です。
ドラッグストアと百円均一でほとんど揃います。
髭剃りと化粧品は高価なものが多いので、日頃使用しているものを持参すると良いでしょう。
コンタクトレンズを使用している人は滞在日数分あると安心です。
続いて準備しておきたい台所用品です。
マンスリーマンションでは調理ができます。
食材、調味料、食器、サランラップ、アルミホイル、食器用洗剤、流しネット、ゴミ袋が必要です。
調理器具が備え付けの物件では、食料の買い出しをすれば手軽に調理できます。
日常的に使う油や調味料は買い置きしておきましょう。
お茶やコーヒーなどの嗜好品も食材の買い出し時に購入すると良いです。
食器は物件によって備品に含まれていないことがあります。
お皿、コップ、カトラリーが必要です。
アスヴェルのマンスリーマンションでは食器を備え付けています。
箸やスプーン、フォークなど直接口をつけるものは、衛生面を保つために用意していただくことにしています。
サランラップ、アルミホイルは調理や食品の保存に利用します。
ゴミ袋は購入前に自治体のゴミ出しルールを確認しましょう。
ゴミの出し方と分別方法は自治体ごとに違います。
専用の有料ゴミ袋の購入が必要な場合もあるのでチェックしましょう。
必要な消耗日用品を項目ごとに紹介しました。
物件によって備え付けられている設備、備品は異なります。
入居前に必要なものをチェックして、リストアップしておくと良いでしょう。

より快適になるちょっとしたアイテム

日用品に加えると生活がより快適になるアイテムを少しご紹介します。
まず、使い慣れている枕です。
新しい環境で使い慣れない寝具で睡眠をとろうとするとなかなか寝付けないことがあります。
枕は特に重要です。
体にフィットする枕の高さと硬さは人それぞれ異なります。
日頃使っている枕があれば就寝時ゆっくり体を休められます。
次にヘアアイロンです。
マンスリーマンションの備品としてドライヤーが備え付けられていることがほとんどですが、女性は少し物足りないかもしれません。
日常的にヘアアイロンを使用している方は持参すると良いでしょう。
ほこり取りもあると便利なアイテムです。
コロコロと呼ばれることもあります。
粘着シートのついたローラーで衣服の埃、細かい塵を乗り除きます。
ビジネスマンには必須アイテムです。
100円均一などで販売しています。
ちょっとした作業ができるように文房具も準備しておくと便利です。
筆記用具、メモ帳、はさみ、ノリなどがあると良いでしょう。
続いて非常食です。
レトルト食品、乾物、水などは災害時に重宝します。
簡単に食事を済ませたいときに食べるのもお勧めです。

病院の場所

滞在期間中に病気やケガをすることなく健康に過ごせることが一番ですが、万が一に備えて病院を確認しておきましょう。
日中と夜間にかかれる病院、休日診療について調べておくと安心です。
日中は個人医院で診察してもらうことが多くなります。
診療科目ごとに病院をチェックしましょう。
内科、皮膚科、耳鼻科、眼科、整形外科、歯科など各診療科目の病院は近くにありますか。
病院の場所と診療時間、休診日を確認しましょう。
夕方前後に診療を終了する病院が多いため、夜間対応できる医院の有無も合わせて調べておくと良いです。
病院の中には予約を優先しているところもあります。
初診の場合、長時間待たされることがあるので、診察前に確認しておくと良いでしょう。
特に歯医者は基本的に予約制を取っています。
急患の受け入れを随時行っているところがほとんどですが、予約が優先になります。
不調や痛みを我慢せずに早めに医院にかかることが大切です。
夜間、休日診療は自治体によって診療体制が異なります。
指定の当番医や大病院、自治体の開設診療所を利用するケースがほとんどです。
滞在先からの交通手段、アクセスを確認しましょう。
健康に自信がある人でも新しい環境でいつ体調を崩すか分かりません。
持病を持たれている方はかかりつけ医でない医院にかかる可能性があります。
日頃の体調、服用薬などをメモしておくといざというときに役立ちます。
滞在先には保険証、お薬手帳も忘れずに持って行きましょう。

まとめ

マンスリーマンションでより快適に過ごすために入居時に準備しておきたいことをご紹介しました。
ほとんどの家具家電設備は予めそろっていますが、入居時に必要な消耗品もあります。
消耗品は滞在先で購入することができますが、持ち込む方が良い備品もあります。
入居前後は慌ただしくなりますが、必要な備品のチェックリストを作っておくと良いでしょう。
電化製品や購入が難しいものは持ち込みがお勧めです。
マンスリーマンションの入居前に余裕があれば、滞在先付近の環境をチェックしましょう。
スーパーやドラッグストア、飲食店など生活で利用するお店が近くにあると便利です。
合わせて確認しておきたいのが病院の場所です。
滞在期間中いつ体調を崩して具合が悪くなるかわかりません。
健康に過ごせたら一番ですが、万が一に備えて各診療科目の医院をチェックしておくと安心です。
マンスリーマンションでの滞在生活がさらに素晴らしいものになるように万全の準備をしましょう。

© ASVER All Rights Reserved.