大阪マンスリー・ウィークリーマンションコラム

マンスリーマンション・ウィークリーマンション大阪TOP > コラム > 法人契約と個人契約でマンスリーマンションを契約する違いはあるのか?

法人契約と個人契約でマンスリーマンションを契約する違いはあるのか?

マンスリーマンションは出張や受験、旅行などの滞在で活用するシーンが増えてきました。
短期間滞在する拠点として便利で、設備も整っているので快適に過ごせます。
会社で長期間の出張や研修があるときや短期間での異動にも活用できます。
マンスリーマンションの契約方法には、法人契約と個人契約があります。
個人契約とは個人でマンスリーマンションの賃貸契約を結ぶことです。
旅行の滞在先、引っ越しやリフォームの仮住まい、入院・介護の付き添いなどでのご利用が一般的です。
法人契約とは法人が主体となって、社員が居住するためにマンスリーマンションを借ります。
出張や研修の滞在先、社員寮・社宅として活用されます。

法人契約と個人契約は契約主体が異なる以外の違いやメリット、デメリットはあるのでしょうか。
原則的に契約方法はほとんど変わりません。
マンスリーマンションを契約するには、まず物件探しから入ります。
ホームページから希望するエリアの物件情報を調べ、良さそうな物件を見つけたら不動産会社に連絡します。
希望物件、利用期間などを伝えてお部屋の空きを確認します。
お部屋の空きがない場合も条件に合ったお部屋を探すことが可能です。
メールやFAXなどで必要書類の送受信を双方で行うとお部屋をおさえることができます。
その後、入居日までに契約書類の準備、入金の手続きを行うだけで賃貸契約を結べます。
敷金・礼金・仲介手数料は必要ありません。
保証人の選定も不要です。
契約書類は郵送で送られてくるので、必要事項を記入し捺印して返送しましょう。
お支払いは前払い制でクレジットカード、銀行振込でできます。
現地まで行かずに全ての手続きができ、簡単でスピーディーです。

物件の予約は入居の約1ヶ月前から可能です。
契約主体が法人であるか個人であるかの違いとして、提出する契約書類が異なる場合があります。
法人契約で必要な書類として契約書類、入居者の身分証明書と会社謄本の写しが求められることが一般的です。
個人契約で必要な書類は契約書類と身分証明書です。
アスヴェルの法人契約では会社謄本の写しは必要ありません。
個人契約と同様に入居予定者の身分証明書の写しがあれば大丈夫です。
個人契約の場合は問題になることはほとんどありませんが、法人契約では契約途中で入居者の入れ替わりが想定されます。
提出する書類には入居を予定している全員分の身分証明書の写しが必要となります。
万が一トラブルなどが起こったときに居住者が別人であっては困りますし、物件の転貸が起こる可能性もあるため人員の入れ替えは無断で行わないようにしましょう。

法人契約と個人契約で大きな違いやデメリットはありません。
マンスリーマンションの入居に必要なのは基本的に身分証明書と契約書類、家賃の支払いのみです。
初期費用が少なくリーズナブルです。
もし、団体で入居する場合は法人契約と個人契約で少し差が出ます。
契約の際に法人契約と個人契約でほとんど差がないお話がしましたが、団体利用をする場合は法人契約が便利です。
法人契約の場合、会社では主に経理が担当します。
複数人でマンスリーマンションを契約すると別個で一人ひとり手続きしないといけないイメージがありますが、法人契約はまとめて手続きを行います。
入居する方全員分の身分証の写しが必要になりますが、手続きを一本化できるので業務の負担が少なくなります。
マンスリーマンションの手続きは一般のアパート、マンションより手続きが簡単とは言われますが、物件探しや手続きに時間を割くのは勿体ない話です。
法人でマンスリーマンションを利用するなら会社側が率先して手配すると良いでしょう。
大人数で利用する場合、上手くお部屋を見つけられなかったり、物件が複数になってしまうことがありますが、法人契約をすることで同じ物件でお部屋を確保することができます。
万が一ご希望のお部屋が満室でも、条件に合う物件で人数分用意できる物件を提案してもらうことも可能です。
同一物件にすると集団で行動できますし、会社側としても手続きや管理がしやすく便利です。
特に慣れない土地で不動産を探し、契約手続きを行うのであれば、煩雑な手間は省きたいものです。
法人契約を上手く活用しましょう。

マンスリーマンションは長期主張、研修、単身赴任、応援時の仮住まいとしての利用はもちろん、社宅、社員寮としても活用できます。
6泊7日から利用でき、大阪の物件で1日あたりの利用料金は2000円台~です。
利用日数に応じてプランがあり、滞在期間が長いほどお買い得になります。
物件は単身用だけでなく、ファミリー物件のご用意もあるので家族連れの社員でも安心です。
異動や出張が突然決まったときも、マンスリーマンションは入居まで時間がかからないので柔軟に対応できます。
生活に必要最低限の家具や家電製品がはじめから揃っているので、マンスリーマンションの活用は社員にもたくさんメリットがあります。

マンスリーマンション物件を取り扱っている管理会社の中には法人向けのサービスを行っている企業があります。
アスヴェルでも法人向けのサービスを行っていて、法人会員に登録すると様々な特典を受けることができます。
法人会員に登録すると専任の担当がつき、手続きがさらにスムーズでスピーディになります。
法人会員になるとwebで一般公開前の新着物件の情報をいち早くお知らせするので、人気が高い優良物件も先におさえることができます。
法人会員様専用の提携割引もあり、利用総額から10%OFFの優待を受けられる嬉しいサービスもあります。
社員の出張や異動による引っ越しなどがあると会社の負担が大きくなりますが、マンスリーマンションを活用すると経済的で、法人会員に登録するとさらにリーズナブルになります。
アスヴェルの法人会員は入会金、契約金が不要で登録無料です。
大阪に出張や研修を控えられていたらホームページの専用フォームから是非ご登録ください。
マンスリーマンションの利用は法人契約と個人契約で大きな差はありませんが、会社で利用するなら法人契約がお得です。

アスヴェルは大阪の主要エリアに数多くの物件を取り揃えています。
駅近くの物件、新築物件、ハイグレード物件などご希望の物件が必ず見つかります。
ホームページのキャンペーン物件、お勧め物件も合わせて是非ご覧ください。
ご希望の条件から最適な物件をスタッフがご提案することも可能です。
お問合せは電話、ホームページのフォームから受け付けています。
大阪で法人向けのマンスリーマンションをお探しならアスヴェルにお任せください。

© ASVER All Rights Reserved.