大阪マンスリー・ウィークリーマンションコラム

マンスリーマンション契約の流れ

希望条件確認や空室確認

マンスリーマンションの契約の仕方には特別なことが必要なのでしょうか。
出張や旅行などで長期滞在の予定がある方は一連の流れを確認しておくと良いでしょう。
マンスリーマンションは短期賃貸物件です。
最低賃貸日数を越えると1日単位で利用期間を決めることができます。
予定に合わせて無駄なくお部屋を借りられるマンスリーマンションは経済的で人気があります。
マンスリーマンションを契約するならまずはスケジュールを確認し、滞在エリアを決定しましょう。
マンスリーマンションの宿泊費用は原則前払い制で、滞在日数によって料金が決まります。
契約後は滞在日数を変更できない場合や費用面で余分にお金がかかってしまう可能性があるので気を付けましょう。
滞在エリアは交通の便が良く、生活環境に適している場所を選ぶのがコツです。
滞在日数と希望エリアが決まったら続いて物件探しです。
マンスリーマンションはインターネットでお部屋を見つけます。
不動産会社のホームページから希望条件に合う物件を検索します。
希望エリアやお部屋の広さ、賃貸費用などの項目を入力して探すと理想的な物件が見つかりやすくなります。
検索でヒットする物件は空いていることがほとんどですが、空室状況は常時変わります。
マンスリーマンションは利便性が良く、リーズナブルで人気です。
気に入ったお部屋を見つけたら、早めにおさえておきましょう。
空室状況はメールや電話で問い合わせて確認します。
物件名と利用期間、利用人数を伝えましょう。
万が一希望のお部屋が空いていないときは他の物件を紹介してもらえることもあるので、希望条件をメモしておくと便利です。
上手くお部屋が見つからないときも問い合わせてみると良いでしょう。
無事にお部屋の空きを確認できたら、早めに予約することをお勧めします。

申込書送付・契約

お部屋の空きを確認できたら、申し込みと契約手続きに入ります。
申し込みはお部屋止め、予約と考えましょう。
口頭で手続きするわけにはいかないので、電子メールもしくはFAXで手続きします。
必要書類は申込書と身分証明書の写しです。
書類の必要事項を記入し、身分証明書の写しと合わせて電子メールもしくはFAXで送信します。
不動産会社で書類を確認できたら、申し込みの受付が完了です。
申し込み後は滞在日数の変更やキャンセルをすると、キャンセル費用が発生する可能性があります。
手違いなどでお部屋を複数おさえてしまわないように気を付けましょう。
キャンセルについては不動産会社によって対応が異なります。
全額返金してもらえないケースも想定しなくてはなりませんが、キャンセル代の支払いのみで済むこともあります。
申し込み前にキャンセル事項について確認することが大切です。
それでもやむを得ず、申込み後に滞在スケジュールの変更、キャンセルなどが発生した際には速やかに申し出ましょう。
マンスリーマンションの申込みが完了したら契約手続きに入ります。
契約手続きは郵送で書類の授受を行います。
現地の不動産会社へ行く必要はありません。
不動産会社から契約書類一式が届いたら、定期建物賃貸借契約書に必要事項を記入し捺印します。
書類を記入できたら、不動産会社へ返送します。
契約書類の手続きが完了したら、あとは入金手続きです。
契約書類一式の中に請求書が入っています。
滞在にかかる費用が記載されているので確認しましょう。
マンスリーマンションは前払い制なので、入居前に支払いを済ませます。
支払い方法は銀行振り込み、クレジットカード決済、店頭での現金支払いがあります。

入居すぐしよう!チェックポイント

申し込み・契約、入金手続きが完了したら、あとは入居日を待つだけです。
上述した手順を確認すればわかるようにマンスリーマンションは契約手続き、審査が簡単でスムーズに入居できます。
生活環境も自宅にいるときとほとんど変わりません。
マンスリーマンションで滞在生活をより快適に送れるように入居前に確認したいチェックポイントがあります。
まず、滞在先で必要な生活用品です。
マンスリーマンションは予め家具、家電製品がそろっています。
電気・ガス・水道、インターネットも入居時から利用可能です。
マンスリーマンションは一般賃貸やホテル滞在に比べると非常に便利ですが、新生活に向けて準備が必要なものも一部あります。
洋服や化粧品、髭剃り、コンタクトレンズなどは持参することになります。
入居前に持ちものリストを作成すると便利です。
現地で購入する消耗品、雑貨も合わせてリストアップすることをお勧めします。
食品と生活用品は滞在先で購入することになります。
続いて滞在先周辺の情報収集をしましょう。
スーパー、コンビニエンスストア、ドラッグストアなど日常的に利用する可能性があるお店の情報を調べます。
手軽に食事できる飲食店も近くにあると良いでしょう。
体調不良などで病院にかかる可能性もあるので、滞在エリア周辺の病院も合わせて確認しましょう。
滞在先の情報は入居後でも調べられますが、気持ちに余裕をもって新生活に臨めるとより快適に過ごせるでしょう。

忘れ物がないように、退去時のチェックポイント

マンスリーマンションでの滞在生活が終わりに近づいたら、退去時のチェックポイントを確認しましょう。
退去時は基本的に立会いが不要です。
チェックアウトの時間までに支度をしてお部屋を出ましょう。
マンスリーマンションは退去後、次の入居者が気持ち良くお部屋を使えるようにクリーニングします。
入居時に家具の配置を変えていたら、元の位置に戻しておきましょう。
お部屋の掃除も合わせて行うのがお勧めです。
クリーニングが入るので本来は不要ですが、忘れ物チェックにもなります。
退去後は忘れ物を確認したり、取りに行くことが難しくなります。
忘れ物は未然に予防することが大切です。
お部屋の備品以外は持ち込み品、現地での購入品になるのでリストアップすると良いでしょう。
持ち帰るものと処分するものに分けると整理しやすくなります。
財布、時計、身分証明書、仕事の書類などの貴重品は必ず確認しましょう。
忘れ物がよく見つかる場所は収納スペースです。
クローゼットや引出し内の衣服、書類は見落としやすくなります。
冷蔵庫内も食べ物が残りやすくなります。
お土産を冷蔵庫で保管する際は注意が必要です。
消耗品は清掃時にやむを得ず処分することになります。
コンセント周りも合わせて確認しておきましょう。
充電器や電子機器は意外と忘れられてしまいます。
マンスリーマンションの退去時は忘れ物に気を付けてお部屋を出ましょう。
退去後に忘れ物に気が付いたときは早めに管理会社に連絡を入れてください。

© ASVER All Rights Reserved.