大阪マンスリー・ウィークリーマンションコラム

江坂の交通網事情

大阪市内ビジネス街へのアクセス

江坂町は吹田市の南西部にあります。
江坂と呼ばれる地域は一般的に江坂駅周辺エリアを指します。
江坂は大阪の都心部に近く、市内のビジネス街へのアクセスに便利です。
大阪市内のビジネス街といえば梅田、新大阪、中之島、本町、堂島、淀屋橋などがあります。
梅田は大阪を代表する繁華街でもありです。
駅周辺には商業施設に加えてオフィスも多くあります。
最寄り駅は梅田駅と大阪駅です。
江坂からのアクセスは御堂筋線で1本です。
所要時間は10分強になります。
新大阪は大阪の玄関口で新幹線、私鉄、在来線の乗り換え地点です。
駅周辺はオフィス街となっています。
江坂から新大阪へのアクセスは御堂筋線で数分です。
中之島は堂島川と土佐堀川の間に位置し、再開発が進むエリアです。
高層ビルとホテルが多く住宅はほとんどありません。
2012年に複合商業施設の中之島フェスティバルタワーが完成しました。
タワー内にはショップ、レストラン、ホテル、美術館、ホールが併設されています。
江坂から中之島へのアクセスは乗り換え時に徒歩移動を必要とするルートもあります。
中之島は近隣の駅から徒歩でアクセスできます。
お勧めのルートは江坂駅から御堂筋線で淀屋橋駅まで出て徒歩移動です。
本町は繊維、衣料の町として栄えたエリアです。
大企業の本社と支社が多く置かれています。
本町は御堂筋線、中央線、四つ橋線の停車駅です。
江坂からのアクセスは御堂筋線1本で15分強かかります。
堂島は梅田の南側に位置するエリアでオフィス街を形成しています。
本町と同様に大企業の本社、支社が集結しています。
サントリーホールディングス、東洋紡、西日本高速道路の本社も堂島にあります。
堂島へのアクセスは周辺駅から徒歩になります。
江坂からは御堂筋線で梅田駅まで出て徒歩移動がお勧めです。
淀屋橋もオフィス街で大阪市役所や裁判所、図書館などの公共施設があるエリアです。
江坂から淀屋橋のアクセスは御堂筋線で15分弱です。
江坂はビジネス街にアクセスするには好立地のエリアで、大阪市内にある各ビジネス街への移動時間はいずれも30分圏内です。
研修、出張などビジネスで大阪に訪れるなら江坂はお勧めの滞在エリアです。

江坂周辺は地下鉄かJRか阪急が使える

江坂の鉄道事情について見てみましょう。
江坂周辺でメインとなる駅は江坂駅で地下鉄と阪急の乗り入れがあります。
地下鉄御堂筋線は大阪の大動脈とも呼ばれる路線で大阪の市街地を中心に走行する路線です。
走行区間は江坂駅から中百舌鳥駅です。
停車駅は新大阪、梅田、なんば、天王寺など大阪の主要地を網羅しています。
御堂筋線は繁華街に出かける際に便利です。
南北線は江坂駅から千里中央駅を結ぶ路線です。
千里中央駅では大阪モノレールに乗り換えできます。
大阪モノレールは大阪空港へ移動する際に利用頻度が高くなる路線です。
南北線の区間内に設置されている駅は現在4駅と短い路線ですが、今後延伸される予定です。
千里中央駅より先に箕面船場阪大前駅と箕面萱野駅が新たに開業されることになっています。
JRを利用するなら南吹田駅があります。
南吹田駅は2019年3月に開業した新駅で、江坂駅から少し離れますが徒歩圏内です。
また、JR吹田駅行きのバスが江坂駅から出ています。
電車でJRに乗り継ぐ方法もあります。
大阪のターミナル駅である新大阪駅まで江坂駅から御堂筋線で2駅です。
新大阪駅は新幹線のほか、在来線であるJR京都線(東海道本線)とおおさか東線に乗り換えできます。
JR京都線は大阪・京都間を走行し、おおさか東線は新大阪駅と久宝寺を結ぶ路線です。
阪急においては阪急宝塚本線か阪急千里線の利用ができます。
宝塚本線では庄内駅か服部天神駅までバスで10分前後です。
千里線を利用する場合は阪急吹田駅までこちらもバスで10分前後です。
どちらも徒歩で向かうには少し時間がかかりますが、健康的な生活を意識するとちょうど良い距離でしょう。
江坂は大阪の繁華街から近く、鉄道利用が便利なエリアです。

車を使うなら名神高速道路

大阪市内の主要エリアに出るなら鉄道が便利ですが、他の移動手段として車も便利です。
江坂に近いインターは吹田ICと豊中ICです。
吹田ICは中国自動車道の起点です。
中国自動車道は吹田市から山口県下関市を結ぶ高速道路で、中国・四国・九州方面へ移動する際に利用します。
府外から南西部に長距離移動するなら特急・新幹線と飛行機もありますが、大人数で行動したり、夜間に移動するときに高速道路を使うと良いでしょう。
豊中ICは名神高速道路のインターチェンジです。
府内にある中国自動車道の中国豊中ICと香川県の高松自動車道のさぬき豊中ICは別のICになります。
名神高速道路は兵庫県の西宮ICと愛知県の小牧ICを結ぶ高速道路です。
愛知県小牧市の小牧ICは東名高速道路に直結しているので、東京・横浜方面へ移動する際にも利用します。
自家用車があると自由に行きたい場所に出ることができ便利ですが、マイカーを持つと駐車場付きの物件を探すか物件と別に駐車場を契約しなくてはなりません。
マイカー持つならどうしても駐車場代と維持費が必要になります。
日常的に鉄道利用が中心で自家用車の出番が少ない方はレンタカーがお勧めです。
江坂駅周辺にはレンタカーショップが数店舗あります。
レンタカーは予定に合わせてリーズナブルに借りることができ、オプションサービスもつけられます。
オプションはカーナビ、ETC、JAF、チャイルドシート・ジュニアシートなどがあり、必要に応じて選べるので便利です。
江坂で生活するなら鉄道利用が主になることがほとんどですが、車移動が必要な際はマイカーの他にレンタカーを検討すると良いでしょう。

まとめ

吹田市の南西部に位置する江坂は大阪の副都心と呼ばれるエリアで人口が年々増えています。
江坂はバランスの取れた街で落ち着いた環境でありながら利便性が高く人気です。
交通環境も整っていて府内の移動には鉄道が便利です。
江坂駅は御堂筋線と南北線の乗り入れがあります。
御堂筋線を利用すると大阪市内の主要なビジネス街へ短時間で移動できます。
江坂は新大阪から近く府外への移動も便利です。
新大阪は御堂筋線で2駅です。
新大阪からは新幹線と在来線に乗り換えできます。
南北線は千里中央駅から大阪モノレールに乗り継いで大阪空港へ出られます。
長距離移動をするなら自動車もお勧めです。
江坂の最寄りインターは吹田ICと豊中ICです。
吹田ICは中国・四国・九州方面、豊中ICは中部・関東方面へ行く際に利用します。
江坂は交通網が発達しているため、普段は自動車がなくても快適に日常生活を送ることができます。
自動車はあると便利ですが、維持管理費がかかります。
自動車の利用頻度が少ない方はレンタカーを利用する方法もあります。
江坂駅周辺にはレンタカーショップが複数あり、リーズナブルに車を借りられます。
出張やお出かけの際は自動車で出るのも良いでしょう。
江坂はファミリー層からの人気も厚くとても住みよい街です。
大阪に長期滞在するなら江坂はお勧めの街です。
繁華街から離れた場所で便利な立地環境をお求めの方には江坂は絶好のエリアとなるでしょう。
当社では大阪の主要エリアを中心にウィークリーマンション・マンスリーマンション物件を多数取り扱いしています。
出張や研修、旅行などで大阪に滞在の際は当社のウィークリーマンション・マンスリーマンションをぜひご活用ください。

© ASVER All Rights Reserved.