大阪マンスリー・ウィークリーマンションコラム

マンスリーマンション・ウィークリーマンション大阪TOP > コラム > 法人ご担当者様必見!社員の出張でウィークリー・マンスリーマンションを探すならここをおさえよう

法人ご担当者様必見!
社員の出張でウィークリー・マンスリーマンションを探すならここをおさえよう

価格・金額

ウィークリーマンション・マンスリーマンションの一番の魅力は安さです。
1週間以上の滞在であれば、日程に合わせて日割りでお部屋を借りることができます。
通常の賃貸物件であるアパート・マンションのように敷金・礼金・仲介手数料はかかりません。
電気・ガス・水道代も家賃に含まれている物件がほとんどです。
月々の光熱費は一人暮らしで約1万円かかりますが、ウィークリーマンション・マンスリーマンションなら節約が可能です。
宿泊費用と光熱費を別途徴収する物件もあるので、確認しておきましょう。

また、ウィークリーマンション・マンスリーマンションには生活に必要な家具・家電製品も揃っています。
長期の出張でも不自由のない暮らしを送ることができて快適です。
洗濯機がついているので、コインランドリーを探さなくてすみます。
備え付けの冷蔵庫とガスコンロ、電子レンジがあれば、食材を買い出すだけで調理することも可能です。
滞在期間は外食に頼りがちですが、自炊をすることで無駄な出費を抑えることができるでしょう。
家具・家電は借りる物件によって取り扱いが異なります。
有料オプションとしてレンタルしていることもあるので、純粋に宿泊費だけで物件を比較せずにトータルで考えましょう。
ウィークリーマンション・マンスリーマンションを借りるなら、基本的に必要な費用は滞在に必要な宿泊費と清掃費のみです。
旅館・ホテルなどは行楽シーズンや祝日になると宿泊費用が上がりますが、ウィークリーマンション・マンスリーマンションは価格帯も安定しています。
滞在期間に応じて宿泊費用が算出され、長く滞在するほどお得になっている点も良心的です。
法人で利用する場合、提携割引をしている管理会社もあるので、積極的に活用すると良いでしょう。

勤務先からの距離

ウィークリーマンション・マンスリーマンションを契約するなら、目的地からできるだけ近い場所を選ぶのがお勧めです。
地理に詳しくない場所に行くと不安要素が多く、新しい環境はストレスがかかるものです。
ウィークリーマンション・マンスリーマンションを探す場合、インターネットから物件の情報を確認します。
物件を探す際にお部屋の様子や宿泊費を重視しですが、勤務先からの距離と交通アクセスは快適な滞在生活のために大切な要素となります。
通勤時間の目安は30分以内が良いでしょう。
通勤時間が長くなるほど心身に負荷がかかります。
徒歩圏内で滞在先を探すなら、2.5㎞圏内が限度です。
電車やバスなどの公共機関を利用する場合は全ての移動時間を合わせて30分を見込むと良いでしょう。
通勤ラッシュの時間帯に電車を利用するなら、1本早めの電車に乗るのがお勧めです。
バスは道の混雑状況によって遅れが生じやすいため、余裕を持って行動するか便が多い路線を選ぶことが必要です。
物件探しに自信がないときは問合せ時に勤務先の場所を伝えて、近隣エリアから物件を見つけてもらうのもお勧めです。
滞在先は勤務先から徒歩圏内であれば確実ですが、公共機関を利用する場合はできるだけアクセスの良い物件を見付けましょう。

ネット環境

ウィークリーマンション・マンスリーマンションは住環境が整っています。
家具・家電などの設備と電気・ガス・水道のライフラインに加えて、ネット環境が備わっている物件がほとんどです。
近年は従来の携帯電話よりもスマートフォンを持ち歩くのが主流になっています。
出先でインターネットを使って調べものをする機会が多くなると使用データ量が気になりますが、滞在先にネット環境があると安心です。
レンタルWiFiなどのサービスもありますが、契約の手間と費用がかかります。
滞在先のインターネット環境を利用することで節約にもつながります。

ウィークリーマンション・マンスリーマンションにネット環境が整っていることで、スマートフォンだけでなくパソコンを使うこともできます。
インターネットで住環境近隣のことを調べて情報収集をするのに便利です。
また、滞在先でパソコンを使って仕事をすることも可能です。
職場や取引先とのメールをやりとりしたり、オンラインでの活用に期待できます。
出張が長期に渡る場合はネット環境が欠かせません。
ウィークリーマンション・マンスリーマンションを探すなら、物件にネット環境が整っているかを確認しておきましょう。

長期で法人契約する際のメリット面

ウィークリーマンション・マンスリーマンションの魅力の1つに法人契約があります。
物件は個人契約することもできますが、法人契約にすると複数人数分まとめて手続きできます。
急な出張が決まったときでも、ウィークリーマンション・マンスリーマンションなら必要書類が揃えば、会社側が手続きを行うことで入居までスムーズに進められます。
複数人で同じ物件に入居できる物件を手配できるので管理しやすく、滞在が長期化する場合は特に安心でしょう。
物件は長期間滞在すると滞在費用が安くなる傾向にあるのもメリットです。
1週間以上の滞在であれば、日割りで滞在日数分の宿泊費用を算出してもらえるので無駄がありません。
手続きが簡単で滞在費用もリーズナブルなウィークリーマンション・マンスリーマンションは長期出張時に重宝します。
法人契約の優待を行っている物件もあるので、サービスが充実している管理会社をおさえておくと良いでしょう。
出張でウィークリーマンション・マンスリーマンションを活用する場合は法人契約が便利です。

まとめ

ウィークリーマンション・マンスリーマンションは長期出張に最適な物件です。
物件を探す際におさえておきたいポイントは費用と設備面、住環境です。
ウィークリーマンション・マンスリーマンションは旅館・ホテルと比較するとリーズナブルです。
料金体系が明確なので、基本的に滞在日数に応じた宿泊費用と清掃費だけで済みます。
設備も整っているので、入居時から自宅のように利用できます。
オプションで家電製品や寝具などのリースを行っている場合もあるので、事前にチェックしておきましょう。
長期滞在する場合はインターネットを利用できると便利です。
住環境はお店の有無や治安に合わせて勤務地からの距離を確認しましょう。
通勤時間の限度は片道30分です。
駅の近くや市街地にあるウィークリーマンション・マンスリーマンションを滞在先にすると便利です。
リーズナブルで住環境が快適なウィークリーマンション・マンスリーマンションは企業にも社員にも優しい物件です。

© ASVER All Rights Reserved.